Francisco Mejia Guinand

■ 略歴■ Education

フランシスコ・メヒア-ギナン(1964年ボゴタ生まれ)は生まれながらの画家で、その宿命を捨てることはできなかった。幼少時代、アマチュア画家である 父親のアトリエを頻繁に訪れ、また母親の手に引かれ世界的に有名な美術館を訪れていたことがきっかけとなり、幼いうちに芸術への興味を持つようになった。しかし、画家として生きる決心をするまでには長い葛藤があった。建築を学んだのちは大学教員となり、建築修復を教えていた。しかしそこで学んだことは彼がすでに知っている事であった。彼にとって人生をかけて本当にやりたいことは唯一絵を描くことであったのだ。メヒア-ギナンの作品は数学、ロシアン・アバンギャルド、厳粛な幾何学的思考、折り紙芸術をベースとした大きなサイズの幾何学的な彫刻である。銅、アルミニウム、ステンレススチール、チタン、真鍮、銅管、アルミの鋳型など一連の金属を常に使用し、建築家からアーティストに転向した彼の作品は、DNA遺伝子、形態論などのテーマを持つ作品から大変影響を受けている。メヒア-ギナンの作品は、自然がどのよう にデザインされているかを探求することに重点がおかれ、その形成プロセスを構成する創造的な原理と形式的なルールを組み合わせながら、並外れた創造性を生み出した。こうして、彼が習得してきたものすべてを見ると彼の賢明さがよくわかる。つまり、画家が憧れ続けた空間、立体の世界を具現化したのだ。そして、自分の直感を信じ、自身を平和な状況に置くことによってメヒア-ギナンは平面と色彩の確固たる世界観を構築する ことに身を投じることができたのだ。
FRANCISCO MEJIA-GUINAND (Bogota, 1964) is a born painter, he could not avoid it. His childhood visits to the studio of his father, an amateur painter, and the occasions when his mother led him by the hand through the world’s great museums may have been responsible for his early interest in art, but his decision to become a full-time painter only came after a long struggle. After studying architecture, he worked as a university professor and in architectural restoration, an experience which taught him what he already knew: that the only thing he wanted to do in life was to paint. However, the works, by the artist, Meji´a-Guinand are internationally known for his large-scale geometric sculptures based on Mathematics, Russian Avant-garde, Sacred Geometry and Origami principles. His work steadily incorporates a range of metals including bronze, aluminum, stainless steel, titanium, brass, copper tubing, and cast aluminum and precious metals. A architect turned artist, Meji´a-Guinand’ s work is also heavily influenced by the works of a speculatively rooted tree for DNA genes and the field of morphology, the study of changing of forms and shapes. Meji´a-Guinand’ s work is driven by a search to understand how Nature designs its incredible creations using generative principles and formal codes combined with forming processes. For this reason, everything he has achieved since then has served to confirm the wisdom of his decision to embrace the world of volumes and spaces that the true painter longs for. So, having trusted his intuition and set himself at peace, Mejia-Guinand has devoted himself to constructing a solid universe of planes and colors.

■ 作品 ■ Works List
■ 主な受賞 ■ Awards
■ 作家メッセージ ■ Artist Message
■ 批評 ■ Criticism
■ 主な個展 ■ Solo Exhibition


主な活動
1964
フランシスコ・メヒア-ゴメスとグラディス・ギナルド・サラサールの長男としてコロンビア・ボゴタに生まれる。
1965
ニューヨークに家族で移住
1968
年末、家族でコロンビアに戻る
1982
サン・ホセ・デ・カラサンス高校を卒業(ボゴタ)
1983
ボゴタ・ハベリアナ教皇大学建築デザイン学部に入学
1986
初仕事としてボゴタのイエズス会修道士プライベート・レジデンスの壁画を手がける
1988
建築士資格取得。市内の歴史センターの修復事業チームの責任者としてボゴタ市長から任務を請け負う。建築の復元プログラムや都市計画に参加
1989
ハベリアナ教皇大学の産業デザインコースで美術史を教え始める
1992
国立コロンビア大学の美学研究所に美術史講師として招かれる
1993
ハベリアナ教皇大学建築デザイン学部で建築デザインを教える
1994
欧米旅行(トルコ、ギリシャ、フランス、イタリア)
1995
ニューヨーク旅行。ボゴタ近代美術館ギャラリーのグループ展に参加
1996
ボゴタのロス・アンデス大学歴史学部にて“描かれる建築、ペインティング・プロジェクト”セミナーを開講。同大学の物的計画部門で働く。
1998
C&C現代アートギャラリーのグループ展に参加(アメリカ・シカゴ)
1999
ダイナーズ・ギャラリーにて初の個展を開く(ボゴタ)
2000
ダイナーズ・ギャラリー(ボゴタ)、ブカラマンガ近代美術館にてグループ展“Exordio”(序論)に、ダイナーズ・ギャラリー(ボゴタ)にてグループ展“Grandes Artistas en Pequeño”(小作品の中の偉大な作家達)に参加。
2001
コロンビア外務省主催の巡回展“コロンビアの新しい絵画展”に参加。パリのユネスコ、ルーマニアのコンスタンタ美術館内の国立劇場ギャラリー、ギリシャのアテネ市長文化センター内で開催。彼の作品のうち大型サイズのもの2つがコロンビア外務省にコレクションされている。
2002
フェリペ・グリムバーグ・ギャラリーよりマイアミ・アートフェアへの参加を招待される。ボゴタのダイナース・ギャラリーが最新作を集めて個展を開催。出版社Villegas Editoresがアナ・マリア・エスカジョンのエッセーを添えてフランシスコ・メヒア-ギナルドの本を出版。
2003
「内面世界の秩序モノクロドローイング展」アメリカス美術館(ワシントンDC)
「内面世界の秩序展」 ラテンコレクター・ギャラリー(N.Y.)
2004
「モノクロ・ドローイング展」 キンタ・ギャラリー(ボゴタ)
2005
「モノクロ絵画展」 キンタ・ギャラリー(ボゴタ)
2006
「幾何学と霧展」 ガブリエル・ヴァンレル・アート・ギャラリー(パルマ·デ·マリョルカ)
2007
「さくら展」ガレリア・デイモス(ボゴタ)
2008
「Und ich Zeichnungen展」 raum für zeitgenössische kunst(チューリッヒ)
「Kaligraphien展」 コンラートバイエルでクレア(ミュンヘン)
2009
「Zeichnungen展」 コンラートバイエルでクレア(ミュンヘン)
2010
「Und Ich Zeichnungen展」 raum für zeitgenössische kunst(チューリッヒ)
2011
「Shabolovka towerからの伝言展」 raum für zeitgenössische kunst(チューリッヒ)
2012
「フランシスコ・メヒア・ギナン展」raum für zeitgenössische kunst(チューリッヒ)
2013
「エンドレス・コラム展」 raum für zeitgenössische kunst(チューリッヒ)
2014
「25周年記念ジオメトリック・ジュエリー・イン東京展」
プロモ・アルテ・ラテンアメリカンアート・ギャラリー(東京)
2015
プロモ・アルテギャラリーコレクション展 2015,プロモ・アルテ・ラテンアメリカンアート・ギャラリー(東京)
フランシスコ・メヒア・ギナン展,プロモ・アルテ・ラテンアメリカンアート・ギャラリー(東京)
第14回ラテンアメリカ・カリビアン現代アートTODAY展プロモ・アルテギャラリー(東京)
2016
ラテンアメリカン現代アート常設展プロモ・アルテギャラリー(東京)
「Ana Mercedes Hoyos and Francisco Mejía Guinand 
コロンビアを代表する現代作家展」プロモ・アルテギャラリー(東京)
「カリブ現代アート展」プロモ・アルテギャラリー(東京)
第15回ラテンアメリカ・カリビアン現代アートTODAY展プロモ・アルテギャラリー(東京)


Activities
1964
Born in Bogota, Colombia. The eldest son of Francisco Mejia Gomez and
Gladys Guinard Salazar.
1965
His family moves to New York.
1968
His family returns to Colombia at the end of year.
1983
Finishes studies at the Colegio San Jose de Calasanz in Bogota.
1986
Realizes his first work, a mural for the private residence of the Jesuit
priests in Bogota.
1988
Obtains a degree in architecture. He works for the Mayoralty of
Bogota as part of team responsible for the recuperation of the historic
center of the city. Participates in projects of architectural restoration
and urban planning.
1989
Begins to teach classes on the History of Art for the Industrial Design
course of the Pontifica Universidad Javeriana.
1992
Invited to teach a course on the History of Art at the Institute of Esthetic Researches of the Universidad Nacional de Colombia.
1993
Teaches architectural design in the Faculty of Architecture and Design
of the Pontifica Universidad Javeriana.
1994
Travels to Europe and visits Turkey, Greece, France and Italy.
1995
Travels to New York. Participates in a collective show in the Gallery of
the Museo de Arte Moderno of Bogota.
1996
Teaches a seminar on “painted architectures, projected paintings” in
the Department of History and Theory of the Universidad de los Andes
in Bogota and works in the same university’s office of physical planning.
1998
Participates in a collective show in C&C Contemporary Art,Chicago,
U.S.A.
1999
Holds his first solo exhibition in the Galeria Diners in Bogota.
2000
Participates in the collective shows “Exordio” (Exordium) at the Galeria
Diners, Bogota and the Museo de Arte Moderno, Bucaramanga, and
“Grandes Artistas en Pequeño”(Big Artists in a small format), in the
Galeria Diners, Bogota.
2001
Participates in the show “La Nueva Pintura Colombiana” ( New Colombian
Painting), a traveling exhibition organized by the ColombianMinistry of
Foreign Relations and shown in the seat of Unesco in Paris; the Gallery
of the National Theater at the Museum of Art of Constanta, Romania;
and the Cultural Center of the Mayoralty of Athens, Greece. Two of his
large-format works become part of the collection of the Colombian
Ministry of Foreign Relations.
2002
The Felipe Grimberg Gallery invites him to participate in the Miami Art
Fair; the Galeria Diners of Bogota holds a solo exhibition of his recent
work; Villegas Editores publishes his book Francisco Mejia-Guinard,
with an essay by Ana Maria Escallon.
2003
Washington D.C, “Francisco Mejía-Guinand, The Order of an Inner World”
Comprehensive Retrospective the first in USA and a major survey of
his work featuring ten years of the entirety career. This first comprehensive
overview of Mejía-Guinand ‘s Drawings, Paintings, a body of work that
spans ten years of work, from 1993 to 2003. Organized chronologically,
it reveals the development of Mejía-Guinand ‘s work.
2004
Bogotá, Quinta Galería, “Francisco “Mejía-Guinand Dibujos” en Blanco y
Negro,” September 1- November 4.
2005
Bogotá, Quinta Galería, “Francisco Mejía-Guinand Pinturas” en Blanco y
Negro,” September 15 – November 14.
2006
Palma de Mallorca, Gabriel Vanrell Galeria D’Art, “Francisco Mejía-Guinand
Geometría y Niebla” curated by Juan Manuel Bonet, traveling to Museo
de Arte Moderno y Contemporáneo EsBaluard.
2007
Bogotá, Galeria Deimos, “Francisco Mejía-Guinand, Sakura,” curated
by Poli Mallarino. September 6- November 12,
2008
Zurich, raum für zeitgenössische kunst,”Francisco Mejía-Guinand,
Undich Zeichnungen curated,” by Timo Niemeyer, May 29 -June 7
Munich, Clair at Konrrad Bayer,”Francisco Mejía-Guinand, Kaligraphien,”
2009
Munich, Clair at Konrad Bayer,”Mejía-Guinand, Zeichnungen”,
curated by Anna Patricia Khann, May, June.
2010
Zurich, raum für zeitgenössische kunst,”Francisco Mejía-Guinand,
Undich Zeichnungen curated,” by Timo Niemeyer, May 29 -June 7.
2011
Zurich, raum für zeitgenössische kunst, “Francisco Mejía-Guinand,
Notes from Shabolovka tower,” a set of models and drawings for a
endless column consisting in two alternating sequence of isosceles
triangles which, once it is folded along the edge, exhibit paraboloid
interior space properties curated by Timo Niemeyer, April 8 – May 4.
2012
Zurich, raum für zeitgenössische kunst, “Francisco Mejía-Guinand,”
curated by Timo Niemeyer, May1-June 28.
2013
Zurich, raum für zeitgenössische kunst, “Francisco Mejía-Guinand
Endless Columns” curated by Timo Niemeyer, May1-June 28,
2014
Tokyo, Latin American Art Gallery PROMO-ARTE, “Francisco Mejía-
Guinand’s Geometric Jewelry, Celebrating 25 years of work”.
Comprehensive Overview of Mejía-Guinand ‘s Drawings, Paintings
and Sculpture, a body of work that spans the years from 1986 to the
present.
2015
Tokyo, Latin American Art Gallery PROMO-ARTE, “New Year’s Collection Exhibition 2015”
Tokyo,Latin American Art Gallery PROMO-ARTE, Exhibition FRANCISCO MEJIA GUINAND
“XIV Lartin American & Cribbean Contemporary Art TODAY”, in Latin-American Art Gallery Promo-Arte, Tokyo,Japan
2016
“Gallery Permanent Exhibition” in Latin-American Art Gallery Promo-Arte, Tokyo, Japan
Caribbean Contemporary Art Exhibition, in Latin-American Art Gallery Promo-Arte, Tokyo, Japan

■ 主なグループ展 ■ Group Exhibition
 TOPへ戻る Go to top