プロモ・アルテ ギャラリー
GALERIA 2F, 5-51-3, Jjingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001 phone:03-3400-1995 fax:03-3400-9526

トップページ 活動内容 リンク 過去の展覧会 ギャラリー作家 貸しギャラリー ショップ ショップ


 
Latin American Contemporary Art
exhibition


Period:DEC 25th (Sat.) 2010- JAN 25th (Tue.)2011
Place:PROMO-ARTE GALLERY Latin American Art-lobby 2F
Organized by:PROMO-ARTE Gallery



このたび、プロモアルテでは、ラテンアメリカン現代アートTODAY展と題して、中南米とカリブ諸国の39名の現代作家を一度に紹介致します。異民族が融合するラテンアメリカ諸国の社会、それは一度触れれば忘れられない強烈な個性とヒューマニズムにとんだ人々のくらし、また、複雑な歴史背景や独特な気候風土などから支えられた精神を、平面や立体作品で表現する彼らの生命力と作品の質の高さをご覧頂き感じとっていただければ幸いです。
PROMO-ARTE Gallery





Horacio Carrena (Argentine)
オラシオ・カレーナ


1955年、アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。1978年、国立芸術学院の絵画専攻の教授職を受ける。1979年より作家活動。主な国際コンクール出品歴:第3回カリブ・ラテンアメリカ芸術国際ビエンナーレ(2007年)、第3回近代絵画アントニオ・グアルダ賞(2006年)他多数。

 

Carlos Estevez (Cuba)
カルロス・エステベス


1969年、キューバ、ハバナ生まれ。1992年国立芸術院を卒業。1994年ハバナサロン展受賞、1998年には第4回エクアドル絵画国際ビエンナーレ特別賞受賞。キューバを代表する現代作家のひとりである。現在はマイアミに在住。


Julio Goya (Argentina)
フリオ・ゴヤ


1953年、アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。アルゼンチン国立美術大学卒業。彫刻家として多数の内外アートフェアーや公募展に出展。「第2回ロダン大賞展」美ヶ原高原美術館賞受賞。「フジサンケイビエンナーレ現代国際彫刻展」優秀賞受賞。「沖縄タイムス芸術選賞」奨励賞受賞。現在は沖縄に在住。

 

Eduardo Roca(Choco) (Cuba)
エドワルド・ロカ


1949年、キューバ、サンチャゴ・デ・クーバ生まれ。1970年国立芸術学校卒業。日本でも精力的に活動を行っており、1999年には第4回高知国際版画トリエンナーレでグランプリを受賞。


R. Mamani Mamani (Bolivia)
ロベルト・ママニ・ママニ


1962年、ボリビア、コチャバンバ生まれ。インディヘナ(先住民の末裔)へのアイデンティティを強く意識した作風で知られる。日本では、2005年開催の愛・地球博に出展。多彩な自然の色とその変化を反映した複雑かつ変化に富む多彩な四季面が好評を博した。現在はボリビアの首都ラ・パスに在住。

 

Jose´ Fors (Cuba)
ホセ・フォルス


1958年、キューバ、ハバナ生まれ。1960年米国へ移住。1976年から3年間ロベルト・マルティネスより解剖学的ドローイングの指導を受ける。1996年メキシコ国籍を取得。アメリカとメキシコで個展を多数開催。「第9回ラテンアメリカ・カリブ版画ビエンナーレ」「第8回Jose Guadalupe Posada国内版画コンクール」で受賞。



Gustavo Von Ha (Brazil)
グスタヴォ・ヴォン・ハ


1977年、ブラジル、サンパウロ州生まれ。幼少から美術教育を受ける。第3回神奈川ビエンナーレで優秀賞受賞。2005年ニューヨーク映画祭、メルボルン国際映画祭で映像作品を発表するなど、新しい分野での活動もはじめている。現在ブラジル在住。

 

Julio C. Pena (Cuba)
フリオ・ペニャ


1969年、キューバ、オルギン生まれ。独学で絵画をはじめ、木版画をハバナ実験グラフィック工房のメンバーとして活動。 2001年神奈川国際版画トリエンナーレ展で大賞受賞。国内外で積極的な作家活動を行っている。現在ハバナ在住。


James Kudo (Brazil)
ジェームス・クドー


1967年、ブラジル、サンパウロ生まれ。サンパウロ美術大学に学ぶ。淡い色と漆喰のような黄色、墨のような濃淡のある黒といった色彩が特徴。ニュールンベルグ(ドイツ)、ニューヨーク、東京、サンパウロなど国内外で個展、グループ展を勢力的に展開。ブラジルを代表する注目すべき若手作家の一人である。

 

Sandra Ramos (Cuba)
サンドラ・ラモス


1969年、キューバ、ハバナ生まれ。1993年国立芸術学校を卒業。1990年初頭より、世界各地で個展を開催、グループ展へも精力的に参加。1997年国民文化栄誉賞、1998年国立美術指導サロンを受賞。日本では、2003年府中市美術館で個展を開催。


Kazuo Wakabayashi (Brazil)
カズオ・ワカバヤシ


1931年、神戸に生まれる。1961年ブラジルに渡航、1967年ブラジル国籍に帰化する。ブラジル、東京、神戸などで多くの個展、グループ展に出品。1967年「ベロ・オリゾンテ現代美術展」大賞、「第8回サンパウロ・ビエンナーレ展」外務省大賞を受賞。
 

Nelson Domi´nguez (Cuba)
ネルソン・ドミンゲス


1947年、キューバ、サンティアゴ・デ・クーバに生まれる。1970年クバナカン国立芸術学校卒業後、クバナカン国立芸術学校絵画教授、芸術学院(ISA)絵画学科主任教授、同学院版画学科教授会総長、キューバ作家芸術家同盟(UNEAC) 国際造形作家協会(AIAP)メンバーを務める。キューバを代表する美術家の一人であり、日本で最も親しまれているキューバ作家でもある。キューバ文化勲章、アレホ・カルペンティエル勲章受賞など、他多数受賞歴を持つ。



Yugo Mabe (Brazil)
ユーゴ・マベ


1955年、ブラジル、サンパウロ生まれ。ブラジルの国民的画家マナブ・マベを父に持つ。ブラジルの風土から生まれる豊かな街の風景や、大地に育つ花や草木などをモチーフにし、繊細な抽象世界を創り出す。ブラジル各地で多数の個展、グループ展を展開。
 

Erika Nakasone (Peru)
エリカ・ナカソネ


ペルー生まれ。ペルー国立美術大学卒業。沖縄芸術大学で日本画の研究を専攻。2003年上野の森美術館主催第16回「日本の自然を描く」展で入賞。半立体作品は和風の美学とラテンアメリカ的なアレゴリーを融合し、色彩豊かにアイデンティティーを主張している表現が評価されている。ペルーと日本で多数グループ展に出展。現在ペルーと日本両国に在住。




Carmen Carreno (Chile)
カルメン・カレーニョ


1959年、チリで生まれる。1972年エクアドルの首都キトに移住。マルセロ・ヴァスコネスにドローイングを師事、カルロス・ロセロに版画を師事、ニコラス・スヴィスティノフに絵画を師事。アンデスの文化を象徴する画面構成や色彩が特徴。


 

Oswaldo Higuchi (Peru)
オスワルド・ヒグチ


1948年、ペルー、リマ生まれ。1969年リマ国立芸術大学卒業。Aitor Castillo、Milner Cajahuaringa等に師事。リマ市栄誉賞、Entre Nous協会賞ほか多数受賞。アメリカ、ヨーロッパでも個展、グループ展出品を展開している。


Eduardo V. Lastra (Chile)
エドワルド・ラストラ


1999年、コンセプシオン大学人類資源マーケティング学部卒業。チリ国内で個展を展開する一方で、アジア、南米など世界各地でグループ展に参加。タリカフアノ文化コーポレーション代表取締役を務める。チリの芸術振興活動のメンバー。
 

Marti´n Mendiza´bal (Uruguay)
マルティン・メンディサバル


1960年、ウルグアイ、モンテビデオ生まれ。1979年から5年かけ、モンテビデオのGuillermo Fernandez Studioでドローイングと版画を師事。1988年にはイタリアのStudio Camnitzerより奨学金を受ける。2001年ウルグアイ第49回国立芸術展にてウルグ アイ東方共和国国立銀行賞受賞、他受賞歴多数。



Dari´o Orti´z (Colombia)
ダリオ・オルティス


1968年、コロンビア、イバゲ生まれ。ホルヘ・タデオ・ロサノ美術大学で美術史を学ぶ。1995年にイタリアに移住し、世界各地で絵画展を展開している。2003年トリマ美術館を創設。

 

Nelson Romero (Uruguay)
ネルソン・ロメロ


1951年、ウルグアイ生まれ。世界各地で個展を開く。サンホセ「第24回Hall of Artist賞」受賞。南米、アメリカ、ヨーロッパだけでなく、アジアでは上海や東京でも個展歴がある。


Ana M. Hoyos (Colombia)
アナ・メルセデス・オヨス


1942年、コロンビア、ボゴタ生まれ。コロンビア国立大学美術学部、ロス・アンデス大学美術学部に学ぶ。1992年、日本政府国際交流基金の招待により初来日。2000年、アンティオキア大学名誉賞、ボゴタCivil Order of Merit賞を受賞。
  Vera de Rivales (Venezuela)
ヴェラ・デ・リヴァレス


1943年、フランス、パリ生まれ。フランス人とベネズエラ人のハーフ。パリ、東京、カラカス等で個展を開催。パリ国立美術学院とモンパルナスのアトリエ・ヴィール・デ・ラ・パリで学ぶ。1973年モナコの国際コンテンポラリーアートにてグランプリ受賞。アメリカ、ヨーロッパ、中国、東京で個展を開催。



Gonzalo Pinilla (Colmbia)
ゴンサロ・ピニージャ


1971年、コロンビア生まれ。1995年コロンビア国立大学油彩科、版画科で修士号取得。その後、イタリアに留学。ラテンアメリカスタイルのモダニズムを継承する油彩作品「マンドヴァ1997」、版画作品「フィレンツェ1999」で受賞している。現在コロンビア在住。

 

Mario Ve´lez (Colombia)
マリオ・ヴェレス


1968年、コロンビア、メデリン生まれ。コロンビア国立大学で芸術を学んだ後、ベルリンのHochschule der Kunsteで修士課程を修了。現在はニューヨークに在住。


Juan Bernal (Colombia)
フアン・ベルナル


ボゴタのハベリアナ大学を建築家として卒業。50以上のグループ展と25の個展をアメリカ、南米、日本を中心に展開。花、光、草木など自然をベースに、単純なものの中にある重要性を追求した作品が多い。
  ]

Abel Barroso (Cuba)
アベル・バロソ


1971年、キューバ、ピナール・デル・リオ生まれ。1990年国立造形芸術学校卒業後、1995年国立芸術院を卒業。世界各地で個展を展開し、グループ展にも精力的に参加。情報化社会で混迷するキューバの電脳化の問題をアナログな木版画的な手作業で提示している。



Gustavo Ve´lez (Colombia)
グスタヴォ・ヴェレス


1975年、コロンビア、メデリン生まれ。メデリンの芸術学院デッサン科を卒業後、イタリアにて彫刻を学ぶ。優雅な曲線が特徴的で、光の当たり具合で陰にも陽にも変化し、観客に無限の快楽を提供する彼の作品はコロンビア現代美術の底力を感じる。


  Gabriela Garza Padilla(Mexico)
ガブリエラ・ガルサ・パディージャ
"Sublime"(荘厳美)
61x45cm, 油彩
Yendris Patterson(Cuba)
ジェンドリス・パターソン

"Trazos de mi jaula"(金網)
93x64cm
版画, Ed. P/A
Manuel Mendive (Cuba)
マヌエル・メンディベ


1944年、キューバ生まれ。近代アフロキューバニズムの第一人者であり、今日のキューバ芸術を代表する最も重要なアーティストのひとり。1964年、ハバナのアートセンターで彼にとって初となるひとり展を開催、その後は世界各地で展覧会を展開している。ロシア、ソマリア、コンゴ、北欧などの美術館にも彼の作品が所蔵されている。



Alejandro Obrego´n (colombia)
アレハンドロ・オブレゴン

"El Co´ndor Rojo"(赤いコンドル)
50x90cm, Lithography リトグラフ, ed.8/15

  David Manzur (Colombia)
ディヴィッド・マンスール


"Arbol"(木)
lithography リトグラフ
Rene´ Portocarrero (cuba)
レネ・ポルトカレーロ

"mujer de la Habana(ハバナの女)
"92x72cm,ドローイング
  Lui´s Arias Vera (Peru)
ルイス・アリアス・ヴェラ


ペルー、サンペドロ・デ・ジョク生まれ。アルゼンチン・ブエノスアイレス美術大学で学ぶ。南米、アメリカ、ヨーロッパ各地で個展を開催、グループ展にも出品。国際アートフェアにも多数出品歴あり。ドミニカ国立美術館に壁画を収蔵。


展示会場風景
Exhibition whole

Exhibition whole

Exhibition whole

Exhibition whole


ratin
ratin

ratin

 

 
 

Copyright(c)2012 PROMO-ARTE Allrights reserved