プロモ・アルテ ギャラリー
GALERIA 2F, 5-51-3, Jjingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001 phone:03-3400-1995 fax:03-3400-9526
トップページ 活動内容 リンク 過去の展覧会 ギャラリー作家 貸しギャラリー ショップ ショップ


華展 季譜の花々 華道家・黒田幸陽

開催期間:2011年3月3日(木)〜3月8日(火) 11:00〜19:00 最終日16:00まで 入場無料


「季譜の里」館内に活けられた花々はは、野に咲く花のように、優しく、そして堂々と咲き誇り、花たちが喜んでいるように見えます。
「この宿で活け花を担当している黒田さんの花をもっとたくさんの人に見てもらいたい」、
そんな思いから、この企画はスタートしました。

今回、展示されている花々は、岡山から深夜、トラックに揺られて届けられたものです。黒田さんは、花の様子が気になるため、一緒にトラックに乗り込み、9時間かけて東京にやってきました。
東京で咲き誇る名もなき花々たち。一週間後には、莟が開き、また違った姿を見せてくれるでしょう。

黒田さん自身、自宅の庭でたくさんの花を育て、花たちに限りない愛情をそそいでいます。展示されている一番大きな写真には、裏山に紛れ込んだ黒田さんがいます、お気づきになりましたか?自然と戯れ、心を込めて育てた花を丁寧に摘み取り、新しい場所で花たちを生まれ返らせる、その真剣な姿を見るたびに心に響くのです。
「花も生き物じゃから大切にしてやらんと」その言葉が今でも忘れられません。

黒田さんの生け花たちを撮影してくれたフォトグラファー大森大祐さん
この華展のきっかけを作ってくれたデザイナーの坂哲ニさん
華展を実現させてくれた「季譜の里」常務取締役・佐々木慎太郎さん
この華展のサポートのために岡山から来てくれた「季譜の里」スタッフ・小林正秀さん
お忙しい中、わざわざ会場まで駆けつけてくれた「季譜の里」女将・佐々木裕子さん
その他、たくさんの人たちに感謝の気持ちを込めて。

華展「季譜の花々」プロデュース
株式会社オーエイチ 代表取締役 浦沢 修


会場風景


会場風景

会場風景


会場風景


会場風景

会場風景


暦の上では雨水も過ぎ、いち早く春の訪れを感じる花木たちはかすかな陽の光に目覚め、
力強く躍動しそして、芽吹き一斉に花を咲かせます。
やがて野山は一年で最も輝く季節を迎えるのです。
寒さに耐えた緑美しい「松」「姫榊」早春を彩る花木五種に加え、古くから日本人に愛されてきた「椿」を花材として生けてみました。
寒いほど花芽は充実し、色は鮮やかに、立派な花を咲かせると云われています。
この春はどんな姿を見せてくれるでしょう。
一足先に香りと共に、季譜の里からの春をお楽しみください。

黒田 幸陽    

会場風景


会場風景


会場写真/大森大祐 撮影 


黒田氏の庭


■作家データ ■DM Flyer

出品作家
■華道家・黒田幸陽



主催:岡山県 湯郷温泉のお宿「季譜の里 」
「季譜の里」公式ホームページ

プロデュ-ス:株式会社オーエイチ

dm


 

Copyright(c)2012 PROMO-ARTE Allrights reserved